≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日9/27は「100人サルサ con ルイス・バジェ」 at Bessie hall

9月8日の上映会の会場でもご案内しておりましたが、明日札幌にキューバ人トランペッターがやってきます。映画をみてすっかりキューバの虜になった方、映画を見る前から大好きだよという方、ぜひ会場に足をお運びください。あの感動が再び!

■9月27日(木)OPEN 19:00
■BESSIE HALL(南4西6/晴ればれビルB1)
■当日券3,500円(前売3,000円)drink別途500円
■INFO 011-219-8870

e0058280_13305756.jpg

スポンサーサイト

| キューバイベント | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CUBAの日~来場者のみなさんの感想など

ご報告がたいへん遅くなりましたが、9月8日=CUBAの日は、350名ほどの方にご来場いただき、無事に終了しました。

会場入口です。
entrance.jpg

入口からロビーに至るまでの階段に、CUBA映画のポスターと写真を展示しました。
ロビー

受付嬢のイクちゃんとウーちゃんは、ゲバラTシャツで来場者をお出迎え。
IkuU.jpg

モヒート売り場のKAJI~さん。KAJI~さんのつくるモヒートは激ウマです。
KAJI~

ネットで情報発信する実行委員長のケンちゃん。会場アナウンスも担当しました。
ken.jpg


参加者のみなさんに寄せられた感想を抜粋して下に記します。

■バスを待ちながら
・夢の中の展開、夢のようなどこまで現実なのか、途中声を出して笑いました。愛があふれてる映画ですね。
・チョットせつない気持ちにもなりもなりましたが、前から行きたかったキューバが素敵でした。
・コメディ要素があんなに多い映画だとは思っていませんでした。劇場で見られて良かったです。
・キューバのにおい、キューバ人の息づかいを感じた。まるで自分もその場にいるかのような。
・キューバの人たちの奔放な感じと生きる苦さがよく表現されていると思った。とても引き込まれた。
・ラテンらしさがとても出ていて最高でした。あの人との距離の近さが好きです。
・とても不思議な構成で面白い作品でした。生き生きと人生を楽しむ人々の姿に元気づけられました。

■チコとリタ
・すばらしいアニメ。絵柄隙好きです。音楽・演奏・表現・リアルで素晴らしかったです。
・チコとリタ再会したラスベガスの街並みが最近のものに近く親近感もたっぷり。音楽も素晴らしかったです。
・以前東京で見た作品ですが、何度みても映像の美しさに感動します。音楽好きにはたまらない作品です。
・生きることの喜びと苦しさが、この映画にもよく表されていると思いながら楽しんだ。絵も独特の雰囲気があった。
・最高!私の今年のBest5は確実。予備知識ゼロで見た。これほど豊かな音楽映画とは。そして、なんと大人のストーリーか。
・ロマンティックでステキでした。音楽もとても良かった。
・内容も良かったのですが、絵(アニメーション)がとても素敵でした。色もかわいかったです。

■その他
・毎年楽しみにしています。がんばってください。ステキな時間をありがとう!
・お客さんが色々な人がいて、皆楽しそうにしていた!!ので私も楽しくなりました。
・キューバ面白い!音楽も人も。
・こんなすてきなイベントがあると札幌の街と人をとても誇らしく思います。キューバ人のようにやさしくあたたかい映画祭をありがとう!
・モヒートたいへんおいしかったです。
・ドキュメントがたいへん評価されている国ですので、次回はそれも見たいです。
・入場までの順番待ちで整列のしかたが徹底されていなかったので、どこに並んでいいのかわからず待っている人たちが、右往左往し、ぐちゃぐちゃになってました。整列係りを確実に一人はつけたほうが良かったと思います。
・なかなか札幌で観られないので作品を観れて嬉しかったです。


 両作品とも、こちらの期待以上に来場者のみなさんに楽しんでいただけたようで、感動を分かち合えたことをとても嬉しく思っています。一方、会場の運営について、入れ替えの際の説明不足や手際の悪さ等で、ご負担をおかけしてしまったようです。今回の経験を次回以降に生かしたいと思っています。

 ご来場くださったみなさん、ご協力いただいた方々に、心から感謝申し上げます。

| 実行委の日記 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月7日~札幌にキューバ人ダンサーがやってくる

9月7日は、キューバの日の前夜祭(?)です。CUBA人ダンサーが札幌にやってきます。興味がある人はこちらもどうぞ。

e0058280_17562479.jpg

| キューバイベント | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月8日=CUBAの日には、会場でキューバの写真とポスターも展示!

9月8日(土)のCUBA THE MOVIESの2012の会場では、写真とポスターの展示もします。

sakata_cuba.jpg

今回写真展示にご協力いただくのは坂田幸代さん。先日、はじめてのキューバへの旅から戻ったばかりです。キューバは坂田さんにとって、深く印象に刻まれた場所だったそうです。坂田さんが目の当たりにした新鮮で衝撃にみちた最新のキューバの写真を25点展示します。キューバ映画のポスターと合わせてお楽しみください。

■撮影者:坂田幸代
1981年生まれ 秋田県出身 札幌市在住
http://www.flickr.com/photos/sachiyoskt/

| 実行委の日記 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CUBA THE MOVIES 着々と準備中です!

9月8日の開催日まであとわずか。今日は実行委の面々で集まって、当日の準備をしました。写真は販売物のポップづくりに励むエナちゃん。真剣です。
作業


他のみんなもスタッフの名札づくり、アンケづくり、会場に展示するポスターのキャプションづくりなどに励みました。実行委員長・平野氏の会場アナウンス原稿作りも写真に収めたかったのだけど、忘れてしまいました。。。今年も低いナイスな声で、上映前のアナウンスをお届けします。

出来上がったポップや名札はこんな感じ。ポップはダンボールのリサイクルです。会場では、このポップにもあるように、札幌ではなかなか目にできない雑誌やCDを販売します! 少数しか準備できなかったので、欲しい方はお早めに来てください!
ポップ

| 実行委の日記 | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月下旬から~ラテンビート映画祭

札幌では、2009年の初のキューバ映画祭の時から、東京などのCUBA映画上映活動の先人たちにずいぶん助けていただいてます。

ラテンビート映画祭さんにもたいへんお世話になっています。2011年の「キューバ音楽の歴史」も、今回上映する「チコとリタ」も、ラテンビート映画祭の方々が、日本未公開作品の中から発掘し、字幕を付け、日本での上映を実現した作品です。

この映画祭では、スペインやラテンアメリカ諸国の魅力的な作品がたくさん上映されます。今年は9月下旬から10月にかけて、東京はじめ全国5ヶ所で開催予定(札幌は含まれません)。詳しくは下のページをご覧ください。そそられる作品がいっぱいです。ああ行きたい!!!

第9回 ラテンビート映画祭
logo.gif

| 実行委の日記 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「チコとリタ」のフェルナンド・トルエバ監督は「ベル・エポック」も!

 「チコとリタ」の監督フェルナンド・トルエバ氏は、本国スペインでは、ペドロ・アルモドバル並みかそれ以上に著名です(たぶん)。彼の出世作が「ベル・エポック」。スペインでゴヤ賞を受賞したほか、、アカデミー賞外国語映画賞を受賞しています。

 舞台は1930年代のスペイン。軍隊から脱走してきた若者が、投宿先の家で4人の娘たちと次々に恋に落ちます。ユーモアの中に、軍隊、教会、家族、性、マチズモへの風刺がふんだんに散りばめられていて、とても面白い作品です。(スペインの歴史に通じている人なら、私が感じたよりさらに楽しめると思います!)

 うんと若い頃のペネロペ・クルスが初々しい姿で登場しています。出演者の中ではダントツに演技がヘタですが。

 「チコとリタ」とは全くちがった雰囲気の作品ですが、トルエバ監督に興味を持った方はぜひどうぞ。ツ△ヤなどでDVDが借りられます。

belle_epoque.jpg

| 映画紹介 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。