≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みなさんの感想(5)~その他&感想の感想

映画の感想については、賛否の分かれ方は概ね予想どおりでした。
「低開発~」「セルヒオ~」に寄せられた感想については、映画そのものに対してということだけではなく、もしかするとCUBA革命がキューバの人々や社会にもたらした複雑さを反映しているのかとも考えてしまいます。でも、実は「否」の声がもう少し多いかなあと予想してました。みなさんの感想を読みながら、「なんて深い理解力!」と、「低開発~」を6年ほど前にはじめてみた際には、なんだかさっぱりわからなかった私は、学ぶことがたくさんありました。

映画祭そのものについての感想も寄せられました。
みなさんの言葉をPC入力しながら、何度も涙が出てきました。毎年足を運んでくださった方々や今年初めて知ったという人たちの温かい言葉に、たいへんなこともあったけれど続けてきて良かったなあと心から思います。本当にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

このような偉大なる作品を上映してくださって感謝です。

はじめてキューバ映画に触れました。これからも続けて欲しいです。規模を縮小してでも続けて欲しい。4回券2,500円で販売して欲しかったです。

このフェスティバルがなかったら観ることができなかった映画にいくつも出会えた。ありがとう! お疲れ様でした。またの企画を待ってます。

今回最後ということが本当に残念でなりません。どういう形でもいいので復活して欲しいです。復活待ってます。

スタッフの皆さん、お疲れ様です。毎年楽しみにしていました。9月8日はキューバの日。1年に1回、1本で良いから、こんな映画をみる機会があると嬉しいです。

次を楽しみにしています。ありがとうございました。

好きだったのでFINALなんて言わずに是非またやって下さい。

今回が最後って本当ですか。貴重な機会だったのに残念です。

スタッフ一同ごくろうさまでした。そしてありがとう。札幌で5年間の歴史をつくりましたね。拍手!

一日目のプログラムは、革命前のキューバが時代背景の中心の「チコとリタ」、革命後間もない「低開発の記憶」、革命を総括する「セルヒオの手記」、そして革命から距離をおいたベボの魂の旅路をドキュメントした「カンデアルの奇跡」という絶妙の構成でした。ミュージシャンと知識人という立場の違いはあれ、魂の自由を守るために革命から離れていく事情が痛切に心に迫ります。そして良きにつけ悪しきにつけ、キューバとアメリカの近さも再認識しました。

ファイナルと言わず、来年も続けてください。

貴重なフィルムを札幌で上映してくれて、本当に感謝しています。長い間お疲れ様でした。でもいつかの復活も楽しみにしております。

カクテルと揚げバナナ、いい味でした! 軽食もあるとうれしいなー。

さすが長くやって来たイベントだなーと思いました。準備の早さ、スタッフのあうんの動き、参考になるところが沢山ありました。また復活することを楽しみにしています。

またぜひ札幌でキューバ映画祭をしてください!!

毎年来てました。キューバの映画をみられる唯一のイベントでした。今年でFINALとは残念ですが、また開催できると良いですね。ありがとうございました。

今回初めてキューバ映画をみましたが、今回で終わるとは残念です。また機会があればみたいと思いました。

3作品とも大変感動いたしました。

毎年楽しみにしていました。休止ということで残念です。ありがとうございました。

3回目の参加ですが、ファイナルということで大変残念です。

今回が最後とはとても残念です。毎年楽しみにしていたので…また復活してほしいです。

毎年とても楽しみにしていたので、今年で最後なのが本当に残念です。ぜひ復活を願っています!!

アツイ季節にもう一度観たいです!

今回でFINALとのこと、残念ですがお疲れ様でした! 久々に大きい劇場で楽しみました(普段あまり大きい画面は見慣れないので…)。また何かの機会に!

毎年興味深い映画を上映されていたので今回で最後なのは残念です。ありがとうございました。

今年で終わるのが残念です。

最後になったのは残念ですが、毎回ステキな映画をありがとうございました!

またどこかで音楽一杯の映像の上映を楽しみにしています。

何のお手伝いもできなかったのですが、終わってしまうのが非常に残念です。何かの形で継続してくれたらいいなと、勝手ながら希望しております。

ぜひ続けて欲しいです。今回はじめて知りましたので…。

字幕をつけてくれて、見る機会を与えてくれた。大変ありがとうございます。引き続き頑張ってください。

キューバの国旗やポスター、食べ物があり、キューバが親しみやすく感じました。

ありがとう!

なぜキューバでこのような革命に対する幻滅を表す映画を創れるのか? それが中国などとの違いを感ずる。ひょっとしてこれが希望かも?(セルヒオの手記に対して)。フランス革命から否定するもの(筆)。昔はパリコミューンに入れ込んでいたのに。

はじめてのキューバ映画祭。でも今年で最後とはさみしい。

キューバ映画祭、初めてでしたが、とても楽しめました。今回で最後ということで残念です。また機会があれば足を運びたいです。

毎年楽しみにしていました。

お疲れ様でした。素晴らしかったです。

また別の作品も観てみたいです。
スポンサーサイト

| 実行委の日記 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。